学資保険 がわかる・学資保険 の教科書
学資保険 の教科書
学資保険 をわかりやすくお伝えいたします。

サイト運営者紹介

加藤弘幸

こんにちは、学資保険 の教科書を運営している京応保険設計の加藤弘幸です。このサイトとは学資保険 を真剣に検討されているお父さん、お母さんにのために作成しております。是非お役立て下さいね。 ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらへ

新着情報

京都新聞にて紹介されました。
京都新聞掲載記事

[画像を拡大します]

人気ランキング

■1位
貯蓄重視型・学資保険プラン
300万円コース
■2位
児童手当活用・学資保険プラン
月々1万円コース
■3位
貯蓄重視型・学資保険プラン
500万円コース

運営者の紹介
特定商取引法
個人情報保護法
意外と知らないお孫さんへのプレゼント学資保険

お父さんの生命保険とのバランスが大切

学資保険の最大の特徴は万が一の時にも満期のお金が保証されていることなのですが、
それ以外に「育英年金」という保障がついているものがあります。
親に万が一のとき、お子様に育英費用として支払われるものですが、これは良く考えれば学資保険以外に加入している生命保険でカバーされていることが多いのです。

多くのご家庭では、結婚、出産を機会に生命保険に加入される、あるいは見直しされる方が多く、そのときにお子様の育英費を含んだ保障額で設計されるのが一般的です。

ということは学資保険、生命保険を別々に考えていると、保障が「ダブる」可能性があるのです。学資保険の最大に目的は「教育資金の積立て」にあるわけですから、出来るだけ
「掛け捨て部分」を少なくして貯蓄性を高めたいものです。また、日本全国どこに住んでおられても、子育て家族には『乳幼児医療費の助成制度』という強い味方があるのです。
これはお住まいの都道府県によって内容が異なりますが、簡単に言えば、乳幼児の入院、通院に関する治療費の大半を国、都道府県が助成してくれるというものです。
しかも、近年その助成制度を拡充していこうという動きがありますので、こういった公的保障も上手く利用することを前提に学資保険を選びたいものです。


お問い合わせはこちらへ