学資保険 がわかる・学資保険 の教科書
学資保険 の教科書
学資保険 をわかりやすくお伝えいたします。

サイト運営者紹介

加藤弘幸

こんにちは、学資保険 の教科書を運営している京応保険設計の加藤弘幸です。このサイトとは学資保険 を真剣に検討されているお父さん、お母さんにのために作成しております。是非お役立て下さいね。 ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらへ

新着情報

京都新聞にて紹介されました。
京都新聞掲載記事

[画像を拡大します]

人気ランキング

■1位
貯蓄重視型・学資保険プラン
300万円コース
■2位
児童手当活用・学資保険プラン
月々1万円コース
■3位
貯蓄重視型・学資保険プラン
500万円コース

運営者の紹介
特定商取引法
個人情報保護法
学資保険はなぜ必要か?

2007年度から大学全入時代へ

平成18年度学校基本調査(文部科学省)によれば高校卒業者の大学、専門学校への進学率は実に70.5%
10人の内7人は進学するというデータが公表されています。
加えて2007年度からは「大学志願者数=合格者数」となり事実上、
希望すれば、全員が大学に入れる時代に突入するのです。

かなりの確率で高校卒業時に教育資金が必要なことはわかりましたが、一体どれくらい準備すればよいででしょうか?「データから見る日本の教育2005(文部科学省)」によれば、 公立でも約282万円、私立ともなれば約579万円もの教育資金が必要になるのです。

子供の教育費

 
公   立
私   立
 幼稚園
46万円
105万円
 小学校6年間
175万円
----
 中学校3年間
131万円
370万円
 高校3年間
159万円
309万円
 大学4年間
282万円
579万円

もちろん、親の方針や子供の才能、・進路選択などによってその費用は大きく変わってきますが、「こどもが大きくなったとき、好きな道を選ばせてあげたい」ということなら、
具体的に目標設定をして、早く、確実に始めたいものです。
積立てる方法はいくつもありますが、例えば銀行預金などの一般の積み立て商品だと、
積み立てている途中でご主人に万が一のことがあれば、以後の積み立てが難しくなります。
それが学資保険の場合、期間の途中でアクシデントがあっても、目標通りの積立てが
完了するというわけです。

お問い合わせはこちらへ